尿が出なくなった! 尿道閉塞かも! どうしよう!?

ワンちゃん、ネコちゃんと一緒に生活をしていて、突然尿が出なくなった!なんて症状はこの寒い時期、非常によくみかけます。

 

じゃあそんなときどうすればいいのでしょうか。

まずは下の項目を見てください。

 

①トイレに行って排尿姿勢を取るが、尿が出ない

②よく考えたら、まる一日尿が出ていないかも・・・

③なんだかぐったりしてきた

④嘔吐がある

⑤意識がもうろうとしてきた

 

①から⑤に行くほど緊急性が増します。

この症状は尿道閉塞が強く疑われるので、できれば①か②の状態で病院へ連れて行ってあげてください。

③以降は尿毒症の症状なので、かなりの危険が差し迫っています。

 

尿道閉塞になったら病院での開通処置をできるだけ早くしないと、腎臓に重大な障害が残ります。

場合によっては命の危険さえあります。

 

ですので、尿が出ないときはできるだけ早く病院へ連れて行ってあげましょう!

とにかく早く病院へ行くことが大切です。

 

尿道は男の子の方が長いので、尿道閉塞は男の子の方が圧倒的に多いです。

また、冬に多いです。

 

原因は尿石や腫瘍、膀胱炎による血餅などさまざまですが、早く対処することがとても重要な病気なので、ぜひ記憶の片隅に入れておいてください。

 

ではまた、みなさんよい年末をお過ごしください!

 

寺村靖史

診察のご相談・お問い合わせはこちら

代官山動物病院
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15 DAIKANYAMA T-SITE GARDEN 1棟 TEL:03-6427-8051 営業時間(年中無休)9:00~20:00
自由が丘動物医療センター
〒152-0023 東京都目黒区八雲3-24-9 自由が丘キューブ1F TEL:03-5726-8440 営業時間(年中無休)9:00~19:00
GREEN DOG東京ミッドタウンクリニック
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウンガレリア1F TEL:03-6447-0123 営業時間(年中無休)11:00~19:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です