シェパード 腹腔鏡 胃固定

ジャーマン・シェパード・ドッグの腹腔鏡補助下胃固定

 

今日は、一週間前に腹腔鏡補助下胃固定を行ったヴォニちゃんが抜糸にやってきてくれました!

この一週間は元気に問題なく過ごしてくれていたそうですので、嬉しかったです(^^)

 

ジャーマン・シェパード・ドッグのような胸の深い犬は胃捻転が突然起きて命に関わることになることがあるので、予防的に胃を腹壁に固定することが推奨されています。

もちろん予防の手術ですし、みんなが胃捻転になるわけではないので絶対ではありません。

 

ヴォニちゃんは女の子で腹腔鏡を使用した避妊手術をしました。

そのまま腹腔鏡を使用して胃固定をすると麻酔の回数も少なく、傷あとも小さく済むので同時に行ないました!

臍ヘルニアもあったので、傷は1箇所多くあります。

 

 

 

ちょっと怖がりなヴォニちゃんでしたが、いい子で頑張ってくれました!

 

しばらくは顔をみれる機会はありませんが、病院だといってこりずに遊びに来てください!

 

診察のご相談・お問い合わせはこちら

代官山動物病院
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15 DAIKANYAMA T-SITE GARDEN 1棟 TEL:03-6427-8051 営業時間(年中無休)9:00~20:00
自由が丘動物医療センター
〒152-0023 東京都目黒区八雲3-24-9 自由が丘キューブ1F TEL:03-5726-8440 営業時間(年中無休)9:00~19:00
GREEN DOG東京ミッドタウンクリニック
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウンガレリア1F TEL:03-6447-0123 営業時間(年中無休)11:00~19:00