私がまだ新米獣医師の頃、「歯科」のセミナーで言われたことを思い出します。
「歯肉炎と歯周炎は違うからね。ちゃんと言葉は使い分けましょう」。
その当時はまだ臨床経験が浅く、歯肉の炎症と歯周の炎症は何が違うの?と思いました。

それから今まで、いろんな犬の歯を見てきて、その意味が良くわかります。犬の歯の状態を見ると、歯肉炎の段階なのか、歯周炎まで進行しているのかを区別することが出来ます。その区別をすることで歯の状態を評価し、どんなケア・治療が適切なのか、今後どうなる可能性があるのかをインフォームドコンセントすることができます。

犬と猫の歯周病のほとんどは歯肉炎あるいは歯周炎で、疫学的には3歳以上の犬猫の80%以上は歯周病を生じているといわれるほど多い病気です。歯肉炎は文字通り歯肉の炎症ですが、その状態が続くことで歯周炎に進行していきます。
また、歯周病は歯の問題だけではなく、全身の内臓に影響を与えることも明らかになっています。

では、歯の問題を抱えている犬と猫が多いのはなぜなのか?答えは、歯のケアが出来ていないからです。人の場合は、自分で歯を磨くことが出来ますが、犬や猫の場合は飼い主様がケアをしてあげないといけません。まずは、飼い主様に歯を磨く意識を持ってもらうために、3回にわたり、「歯周病」についてご説明したいと思います。

歯肉炎・歯周炎の発生と、歯石ができるまで

今回は歯肉炎・歯周炎がどのようにして発生するのかと、これらに関係する歯石ができるまでのお話をします。

1.歯肉炎が発生するまで

●唾液中の糖タンパクが歯の表面に付着→歯の表面に被膜ができる(ペリクルと呼びます)
※ペリクルは、歯石スケーリングをしてきれいな歯になった後、数秒から数十秒でできる。

●ペリクルの上に口腔内細菌が付着→歯垢(プラーク)が付着
※歯垢(プラーク)は、細菌やマクロファージ、脂質、唾液たんぱく、食物の残渣などからできている。

●歯垢が歯の表面に付いてから6~8時間後に歯肉に炎症が起こる

●歯垢中の細菌叢(そう)が厚くなり、細菌の種類が増え、それらが常に歯肉辺縁に接すると歯肉の炎症がさらに悪化する

●歯肉ポケットができる

2.歯石ができるまで

●歯垢に唾液中のカルシウムなどが取り込まれ石灰化すると、歯石ができる

●その表面はざらざらしているため、その上にさらに歯垢が付きやすくなる

●その歯垢がまた歯石になり、歯石の層が厚くなる

※1と2の流れを簡単にまとめた動画を作成しました。こちらも参考にしてみてください。

3.歯周炎に進行するまで

●歯肉ポケットに歯垢や歯石が蓄積する

●歯肉のポケットが深くなる

●歯肉の炎症が重度になり、歯肉は退縮する(見た目は無くなっていくように見える)
※歯垢細菌と炎症細胞から出る酵素によりコラーゲンが分解され、コラーゲンを産生する線維芽細胞が減少し、歯肉のコラーゲンはさらに破壊され減少する)

●歯根の露出(歯の根っこが見える)や、歯槽骨(歯を支える土台)の吸収が起きる

●歯の動揺が生じる(歯がぐらぐらする)

※実際は、歯肉ポケットに蓄積された歯石の中で起こっているため、状態はわかりにくい。
※見た目で歯肉の退縮や歯根の露出がわかる状態は歯周炎がかなり進行した状態。
※歯石の層が厚いと、歯石が歯を軽く支えるため、歯の動揺度(ぐらぐら度合い)はわかりにくく、歯石を取った後に歯が動揺することがある。

ここまでが歯周炎が発生するまで、の出来事です。なんとなくご理解できましたか?難しい言葉が並んでいますが、簡単にまとめるならば、歯に残った食べ物のカス、お口の中の細菌、唾液がからんで歯の病気は進行する、ということです。

次回は、実際の症例写真を見ながら歯肉炎と歯周炎、そして歯石を確認していきたいと思います。