愛犬愛猫(パートナー)のこんなトラブル、悩んでいませんか?

高齢犬、高齢猫でこんな症状が出始めたら要注意。動物病院を受診してください!

循環器疾患でよくみられる症状

  • 咳をする
  • 呼吸が速い
  • 疲れやすくなった
    (散歩に行く距離が減った)
  • ふらつきや失神が認められる
  • お腹が張っている(腹水貯留)
循環器疾患でよくみられる症状

私たちがパートナーの循環器のトラブルの改善をサポートします。

水野 壮司

ご予約

お気軽にお問い合わせ下さい。

代官山動物病院(隔週金曜日)および自由が丘動物医療センター(隔週土曜日)での診察となります。

診察内容

身体検査(視診、触診、聴診など)
  • 呼吸様式の観察、可視粘膜の色調の観察、脈圧の触知、心音や肺音の聴診などを行い、動物の状態を大まかに把握します
血液検査
  • 循環器疾患以外の病気を患っていないか、心臓に対する治療薬による副反応がないか、心臓へ影響を与えうるホルモンの異常がないかなどを調べます。
  • 近年では心臓に特異的な血中バイオマーカーを測定することで心臓への負荷を推し量ることができるようになってきました
  • 肺の状態(肺水腫や肺炎を起こしていないかどうか)の確認や胸水貯留の有無、腫瘍性病変の有無などを確認します
心エコー図検査
  • 心臓内を観察し、心臓弁に病変がないかどうか、先天的な異常がないかどうかなどを確認します。血液の流れに色をつけて表示することで、逆流の有無や短絡の有無を確認することができます(カラードプラー検査)。心臓の中を流れる血液のスピードを測ることで、病気の重症度や現在の心臓への負荷がどの程度か判断する指標とします。
  • 高血圧や低血圧がないかどうか確認し、診断や治療の一助とします
心電図検査
  • 心臓の電気的活動を記録することで心負荷を推し量ったり、不整脈の有無を確認したりします。

治療について

治療について

循環器診療では内科治療が主体となり、主に血管拡張薬、強心薬、利尿薬、血栓予防薬などを使用します。各種検査所見を元に個々のどうぶつに適した治療方法をご提案いたします。

よくある循環器疾患

【後天性疾患】

僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症、肺高血圧症、フィラリア症、大動脈弁閉鎖不全症、拡張型心筋症など

【先天性心疾患】

動脈管開存症、肺動脈狭窄症、大動脈狭窄症、心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、ファロー四徴症、房室中隔欠損症など

心筋症(肥大型、拡張型、拘束型など)、高血圧、動脈管開存症、肺動脈狭窄症、大動脈狭窄症、心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、ファロー四徴症、房室中隔欠損症など

こんな時ご相談ください

  • 心臓が悪いと言われた
  •  
  • 循環器疾患を疑う症状がある
    (咳、疲れやすい、呼吸が荒いなど)
  •  
  • 循環器疾患について相談したい

「ご予約時の注意点」

代官山動物病院もしくは自由が丘動物医療センターご希望される病院へご連絡ください。
完全予約制となっており、初診の場合には2時間、再診の場合には1時間程かかりますが、診療内容等によりお時間がかかる場合もございます。あらかじめご了承ください。

獣医療関係者の方へ

循環器疾患が疑われる症例の確定診断や治療方針に迷われる場合がありましたら、当院をご紹介ください。

ご紹介症例へのお約束

報告書を作成しご報告させていただきます。

報告書は検査結果、診断等を含みます。

循環器疾患にのみ対応させていただきます。

それ以外の検査治療につきましては当センターでは実施せず、紹介病院にお返しいたします。

紹介病院様での治療薬処方をお受けいたします。

循環器疾患に対する治療薬の処方を紹介病院様でご希望される場合には、必ずお申し出ください。

その場合、当院では検査、診断のみを実施し、報告書にて推奨の処方をご連絡させていただきます。

ご紹介の手順

症例を病院に紹介する

バナー入る

症例相談サービスを利用する

バナー入る

電話相談は無料。
まずはご相談下さい。

ご予約

お気軽にお問い合わせ下さい。

代官山動物病院(隔週金曜日)および自由が丘動物医療センター(隔週土曜日)での診察となります。

PAGE TOP